里山

農的暮らし

令和四年夏、きゅうり豊作につき干し野菜にして炒めものに!新食感と凝縮されたきゅうりの味。

今年は、直売所でもきゅうりが豊作で、たそがれ野育園で育てたきゅうりも収穫し、ワークショップに出た先でもきゅうりのお土産をいただくというきゅうり祭りが開催されています。 夏野菜の収穫 きゅうりを大量に消費するには きゅうり、大量...
農的暮らし

農家さんの知恵袋:種をまく前にしておくこと。発芽と言ってもまず出るのは「根」

気温の上がり下がりが激しい令和四年の農的暮らしの日々です。気温が上がらないからと言って、地温が上がるまでじっと待つわけにもいきません。 種をまいて、発芽を待ちますが、まず出てくるのは「根っこ」です。この根が地中で下向きに支えることで...
農的暮らし

草を打つ日々:畑仕事は、準備が大事。ワラや「紙」のマルチも登場しています。

5月に入って気温も上昇中。あちこちの田んぼで「田植え」の風景が見られるようになりました。 わたしが通っている秋田県潟上市の「たそがれ野育園」もおおかたの「田んぼクラス」の田植えは終了。畑クラスである「キッチンファーム」は、畑の畝づく...
農的暮らし

2022年農的暮らしがスタートしました。今年は、お米作りはせずに野菜メインです。

小麦が値上げするなら、お米を食べよう、そんな気持ちの物流に頼らない生産者の見える暮らしをメンバーと試行錯誤を続けている「たそがれ野育園」は、今年10年目。 拠点づくりの一年になりそうです。ばっちゃんの家(園主さんのご実家)の一部を改...
稲作ダイアリー

2021年”たそがれ野育園”納会は、餅つきとわら細工作りでまた来年!

おはようございます。全国的に寒さが厳しい年末になりました。秋田市予想最高気温マイナス1度、最低気温マイナス5度。くもり時々雪で降水確率80%。もう数日このままのお天気になりそうです。 ”たそがれ野育園”という農的生活を学び、楽しむ取...
農的暮らし

自分たちで育てた”沼山大根”を漬物にしてきました。生産者であり、消費者であること。

おはようございます。昨日は、小春日和の一日で外で漬物作りの作業をするのに最適でした。一晩明けて、秋田市予想最高気温17度、最低気温8度。雨時々くもりで降水確率100%。体感はもっと寒い感じです。 わたしが参加している(一年計画、契約...
農的暮らし

”小豆の乾燥と選別”収穫物が食材になるまで時間と手間を知る

おはようございます。電気ひざかけを強にして暖房なしでいつまでいけるでしょう。そんな冷たい雨の秋田市予想最高16度(ホント?)、最低気温9度。室温7度なんだが。くもり時々雨で降水確率70%。 先日、受け取ってきた収穫物ですが大根とその...
農的暮らし

”収穫物の受け取り”共同作業のありがたいところです

おはようございます。降水確率100%の秋田市予想最高気温14度、最低気温9度。風が体感温度をグッと下げています。 昨日は、雨の晴れ間を見て「たそがれ野育園」に収穫物を受け取りに行ってきました。 選別なしでいただくのが自作の強み...
農的暮らし

雨の前に”小豆(アズキ)”の脱穀をしてきました

おはようございます。昨夜からの強い雨の秋田市予想最高気温15度、最低気温11度。100%雨の予報です。 この雨の予報があったので、昨日は人海戦術で約30㎏の小豆を脱穀してきました。 みなさんは「小豆」の豆としての姿はご存じだと...
稲作ダイアリー

稲作ダイアリー:足踏み脱穀機で「脱穀」-2021秋-

おはようございます。昨日は汗ばむくらいの日中でしたが、今日の秋田市予想最高気温21度、最低気温15度。ひんやりと湿った風で晴れ時々くもり。降水確率10%。 晴れているうちに脱穀しないと、乾燥機を使わない稲作はしっかり実が乾かないです...
タイトルとURLをコピーしました