一汁一菜

続けて「一汁一菜でよいという提案」土井善晴著(新潮文庫)を読みました。

おはようございます。以前からそのタイトルが気になっていた土井先生の「一汁一菜でよいという提案」が文庫化されたので「料理と利他」に続いて読み始めました。 「料理と利他」は、トークイベントの書き起こしなので「話し言葉」が読みやすくスルス...
タイトルとURLをコピーしました