食べたもので、できている

完熟フルーツトマト スムーズ・エイジング

おはようございます。梅雨明け近いのか?秋田市。今日の予想最高気温30度、最低気温21度、くもりで降水確率40%。チョコレートが室温で溶ける暑さです。バターは、まじヤバいので、今日はお菓子、作りません。パンは、気温が下がってからにしよう。

年齢を重ねることは、誰にでも起きることです。わたしだけ、年を取らないなんていくら抗ってもできない話。それなら、肩の力を抜いて、年をとっていくのもありかなと思っています。

SDGsにあるエネルギーの項目や、つかう責任など、人生百年時代であるのなら意識していくのが、自分のスムーズなエイジング、
そう「アンチ・エイジング」ではなく、「スムーズ・エイジング」につながるのではないかと思います。できる範囲で、できることを知り、一歩動くこと。一番身近なのは「食べること」かもしれません。

わたしたちのカラダは、食べたものでできています。食べるものとして、旬の食材は、漢方養生スクールで勉強しましたが、暑いときは、カラダを内側から冷やす効果がみられることがあり、寒いときには、温める効果がみられることがあります。

直売所で仕事をしたのは、通算5年くらいでしょうか。野菜の旬が、身近に感じられるようになりました。この地方では、メインで稲作が行われているので、専業で野菜を栽培している農家さんは少なくて新しく就農した人や、親の土地から離れたところで挑戦している人が多いです。

スーパーに並ぶような野菜を出荷するには、規格を揃えて、ある程度の量を、コンスタントに作れないと続けることが難しい。「農家直売コーナー」みたいな場所を用意してくれているお店でも、出荷が途切れると注意されることもあるようです。「せっかく、あなたのために棚を用意しているのに物がないとはどういうことだ」といったニュアンスで。

形も揃わず、量もまとまらない、時々出品できない日もある。そういう人たちが直売所を利用しています。

お近くに「直売所」があったら覗いてみてください。できれば午前中。新鮮で大手の流通に乗らなかった野菜がお安く売られています。もし、本当にお近くにJAの直売所があって、なんだこれならよく使えそうだ、と思ったら「JAカード」がお勧めです。

あれ?食べものの話では?と思われた方もいらっしゃるでしょう。でも、食べものをゲットするのにお得なクレジットカードがあるんです。キャッシュレス対応が、オリンピクを理由に「JAの直売所」にも求められてきました。すべてのカードが使える訳ではありませんが、クレジットカードの使えるJA直売所は増えてきています。

JA直売所で、JA(ニコス)カードを使うと、請求時に5%オフになります。
もちろん、年会費ゼロへの条件はあります。
わたしが年会費ゼロに使っている条件は、年間12万円使う、というもの。毎月お米を5キロ買っています。毎月精米したてのお米を使うのは、プチ贅沢です。本当は、2キロぐらいを都度精米できるといいんだけど。
その他に、季節の果物ってそれぞれの地方に名物がありますよね。メロンやさくらんぼを贈答に使うと、送料も加わり5%も効いてきます。
A-コープ商品というものもあります。お醤油やいろんなお酢(穀物酢、かんたん酢、らっきょう酢など)、調味料や乾物、お煎茶も揃っています。

年末近づいて、12万に到達しない時は、冬タイヤの支払いに(5%オフにはならない他店利用ですが)使ったりも手はあります。
JA直売所では、普段使いの食料品ですと、スーパーまでいかないこともありますが、そこそこお得に購入できます。お住いの地域のJAホームページで検索すると出てきます。都道府県単位でなく、JAは、エリア分けになっているのでご留意ください。

旬を迎えた野菜は、安くて、パワーを感じます。が、旬は、一軒の農家さんにだけ訪れる訳ではありません。誰かが、きゅうりを出し始めると次々量が増え出します。あっという間に、きゅうりだらけになり、安いと思っていた価格がさらに下がることがあります。

朝、出品したきゅうりが売れていない状況で、日中、作業でさらに収穫します。収穫を遅らせると、次の収穫にも影響します。なので、できるだけ売りたい。そこで値段を下げる。

「豊作貧乏」という言葉、嫌だなあ。せっかく育ててきて、たくさん収穫できてよかった!え?ダブついているの?値段下げるか、廃棄?のパターンは、売る側のスタッフももどかしい状態です。

旬ではない食材は、この地方の外から運ばれてきています。国内だったり、国外だったり。
例えば、体によさそうでニーズの高い「かぼちゃ」は、日本で採れない時季には「ニュージーランド」や「メキシコ」からやってきます。もちろん、いろんな厳しい条件をクリアしてきていますから、食べても問題はありませんし、便利です。流通のためのコストが乗っかっていたとしても。

知った上で、選択するとき、納得してからにしたいです。若いときには感じなかった不調が、毎年増えていきます。やっぱり「食べること」は、カラダに直結していますよね。

という訳で、今日のランチは、ちょっとお出かけしていただいてきます。
明日をどうぞお楽しみに!
では、また明日!

コメント

タイトルとURLをコピーしました