小商いのススメ:明日は”五城目の朝市”に出店します

五城目の朝市風景 お仕事

おはようございます。朝から冷たい雨の秋田市予想最高気温14度!最低気温12度。一日中雨の予報です。が降水確率90%。

この雨も明日の未明まででしょうか。明日は「7」のつく日で「五城目の朝市」が開かれる「市日(いちび)」です。520年以上続く朝市の歴史は、文献にもちゃんと記載されています。人々の交流のあった「市」は「商売」の原型、スモールサイズのビジネスといった感じがします。

子どもたちも「出店」したりします

時間を売るのではなく、自分で考えて商品を揃えて販売する、という経験は貴重だと思います。なかなかチャンスがないかもしれません。それでも、メルカリなどのサイトを通じてスモールビジネスをすることのできる「機会」は増えてきました。リアルなお店でなくても、挑戦することができます。

この朝市に関しては、とにかく敷居が低い、ビジターや初心者に優しいです。出店料も間口か、五城目町民か町外かで違いがありますが「210円」か「420円」。商品を置く台の無料貸し出しもあります。

子どもたちも「レジンで作ったアクセサリー」や木工所で分けてもらった「杉の木の削りクズ」をアロマテラピーの材料として、手の届く範囲で「商品」を考え、売り方を「工夫」して出店しています。もちろん毎回ではないし、「経験すること」を重視して大人たちがバックアップしています。

わたしの「小商い」

わたしは「菓子製造」の営業許可を持っていますので、焼き菓子とパンなどを出品しています。ジャムや漬物も「届出」が必要になりました。お近くの「保健所」でどういう設備と届なのか許可なのか、確認が必要です。これは市町村でルールが細かいところで微妙に違うので、直接管轄に問い合わせるのが一番です。

出店者の高齢化に伴い、朝市も寂しい状況でした。数年前から限定でビジター枠を設けてから、客層も変わり、取材などされるようにもなり、常時出店している方たちからもビジター出店者は認められてきたように感じます。

外での販売なので、体験三回目でテントがあった方がいいなあと思いAmazonで買いました。口コミを見ても「フリマで使う」などあり、テントはアウトドアのリクリエーションだけのものではなくなっています。

朝市出店風景
となりのおばさんに見られている朝市風景

となりのおばさんが横目で見ています。地元の常時出店しているおばさんです。今日は「長ネギ」を持ってきています。二時間程度で完売して、さっさと帰っていきました。二時間での売り上げだとすれば、時給で考えると高時給になります。おばさんが「長ネギ」を載せている木製の台は、事務局で借りることができる無料の備品です。

わずかでも「現金収入」があるのは、生活費に直結しなくとも「潤い」になります。が、以前お話を聞いたおばさんは、父さんが病気で倒れてからは、山のモノ(山菜やキノコなど)を朝市で売って子どもを育てた、と言っていました。生活に密着した場でもあります。

客足を見て、今日はもうおしまいにしようと決められるのも朝市の特徴です。朝9時には開店していますので、11時頃には売り切れているお店が多数あります。わたしもお昼は町のどこかでランチをいただいて、午後からはもう自由です。

ひとつ決め事をしているのは、自分の売上が少なくても「必ず、どこかのお店で買い物をする」ということです。お店を続ける意欲が途切れないためにも、出店させてくれる朝市の協議会へのお礼のためにも、出店者同士の交流を大事にしたいと思っています。

メルカリやヤフオクで断捨離で出たアイテムを売ること、は、落札されなくても「売る人」の気持ちがわかる経験になると思います。自分で仕入れて利ザヤを計算して「せどり」をする前に、ちょっとした「経験」によって、自分のやり方が感じられるのではないでしょうか。

小商い(こあきない)は、おススメです。

「小商い」で自由にくらす (房総いすみのDIYな働き方) | 磯木 淳寛 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで磯木 淳寛の「小商い」で自由にくらす (房総いすみのDIYな働き方)。アマゾンならポイント還元本が多数。磯木 淳寛作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また「小商い」で自由にくらす (房総いすみのDIYな働き方)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

では、そろそろピーチパイを焼いてきます。

明日のお天気が、あまりひどくなりませんように!

コメント

タイトルとURLをコピーしました