おおみそかと元日は、こもっていたいので今日のお買い物が”キモ”

もうすぐお正月 ライフスタイル

おはようございます。いったん寒さがゆるんだ秋田市予想最高気温3度、最低気温マイナス2度。くもり時々雪で降水確率90%。道路の雪は、細い道では悲惨な状況。できるだけ除雪作業がされている大きな道で買い物に出かけます。

今夜遅くから、日本海側はまた荒れ模様になる予報です。おおみそかまで営業しているお店も増えましたし、元日はお休みする傾向も広がってきました。

できるだけ、30日中にお買い物は済ませたいものです。

切れてしまったら確実に困るものの在庫チェック

トイレットペーパーやティッシュペーパー、キッチンペーパーの在庫はいかがですか?確かに今の時代コンビニに行けばたいていのものは揃っています。とはいえ、吹雪の中そのために出ていくのってちょっと避けたいですよね。

他にも「台所洗剤」もなくなると地味に不便です。シャンプーやコンディショナーは一日二日旅行用やサンプルを探し出してクリアできそうですが、台所洗剤は代用がなかなかききません。詰め替え用を用意しておくと便利です。

ドラッグストアに買い物に行くとしたら、小さいホッカイロのようなものも補充しておくと助かります。寒さは、家事やごくごく普通にできていることを邪魔します。小さいあったかいものをポケットに入れたり、パーカのフードも裏に張り付けたりすると、少しストレスが和らぎます。

寒さ対策しっかりしていれば、動くのも難儀ではなくなり、動いているうちにカラダもポカポカしてきます。

食べ続けてしまう年末年始、カラダを動かすことで胃腸の調子も整えましょう!

だしとりポットと食材
だしとり用ポットと食材あれこれ

昨日、年末年始用だしストックをとるためのワークショップを開催しました。水出し、熱湯を冷ましながら有田焼の器でじんわりだしを抽出、電子レンジで抽出、スープジャーに熱湯を少し冷ましたものを入れて温度をキープしたまま抽出。とやってみたのですが、わたしの好みは「スープジャー」で温度をキープしたまま抽出するものでした。

とった「だし」は、アミノ酸も豊富ですのでスタッフとそのまま飲みました。実は、寒い時「だし」をドリンクとしてとることでカラダは温まるし、疲労回復にもつながるのだそうです。

「飲むお出し」というティーバッグタイプの商品も展開されています。


ストック食材を味変させるもの

どうしてもウチにある食材で三度の食事を作っていたら、お正月でも味の変化が欲しくなります。お餅にしても、ちょっと食欲を刺激するような食べ方がしたい。

日持ちもして、それだけでも食べることができ、味変の調味料にもなるもの…。

溶けるチーズキムチはいかがでしょうか?

先日バズレシピのリュウジさんが、ちくわの細切りと溶けるチーズをじっくりフライパンで焼いていました。ピッツァみたいな感じです。ちくわは、お鍋やお雑煮に使うお宅もありませんか?それとチーズの組み合わせでちょっと目先が変わります。

そのほかにも、リュウジさんは冷凍餃子をキムチと一緒にフライパンで調理していました。凍ったままの餃子とキムチです。キムチは、味噌汁に入れてもなじみます。残った野菜と豆腐で鍋にもできます。お餅を入れてもいいですね!

冷凍餃子もストックしておきましょうか?いろいろ応用がききそうです。

直売所は、農家さんが野菜を持ってきます。凍ってしまう前に収穫した野菜は、土日祭日関係なしです。スーパーでも流通が関わってくる野菜コーナーより「地元の農家コーナー」があったら、そちらの方が新鮮でお勧めです。

開店直後は、朝が強い層が多いので逆に昼頃わたしは出かけます。農家さんも自分で納品する人は、朝一番の混雑を避けるケースもあります。一度波が来て売れて空いた場所に置けるという利点もあります。

実際、朝一番で収穫したらそろえて包装していたらお昼近くになることが多いです。家族やスタッフがいて一斉に作業できる環境は多くはないです。

では、そろそろ出かける準備をします。メモを持っていかないと!

コメント

タイトルとURLをコピーしました