陸マイラーだった頃

ANAのオリジナルアイテム 断捨離できるかな

おはようございます。蝉の鳴き声が一瞬途絶えた暑い朝です。秋田市予想最高気温33度、最低気温22度。いつかこのデータが「暑かった東京オリンピックの年」として記憶に残るかもしれません。

納戸のように使っている子ども時代の部屋を片付けようとしているのですが、先日「母方祖母の名前」が書かれたプラスチックの衣装箱を発掘しました。祖母が亡くなって25年は経っています。何が入っているのか、かなり怖い。祖母は介護施設に入っていたので、その時のものと思われます。少し引き出し部分が開いています。タオルとかシーツの類だろうと心を決めて開けたところ、なぜか、わたしが過去に着ていた「エレッセの蛍光色スキーウェア」「上下の糸の調子が悪いまま強引にミシンをかけた夏の簡単ドレス」「一度も着なかった手編みのベスト」など赤面しそうな遺物と対面を果たしました。
速攻で45Lのゴミ袋へ入れたものの、若い頃の目立ちたくてしょうがないのに、全然目立っていなかった日々を思い出して、もう一度手に取ってしまいました。

その後、発掘したのは、歴史はそれよりは新しく、陸マイラーだったのに実家に戻ったらマイルの取得条件をなかなかクリアできずに、失効を迎えるマイルの行先としてショッピングに使って入手した「ANAオリジナル・ラゲッジオーガナイザー16L」です。

ANAオリジナルラゲッジオーガナイザー
ANAオリジナル・ラゲッジオーガナイザー

画像を撮ったし、ほとんど未使用なので「ラクマ」に出品しようと思います。包装するのが、少し面倒かなあ。送料抑えたいけど、どう包めばよいか、これからの課題です。送料が決まったら値付けです。

秋田~東京は、ずっとANAのみの運航でした。今は、JALも飛んでいますが、やはり馴染みはANAにあります。秋田在住で東京へ行く機会の多い知り合いにANAの株を保有している人が何人かいました。わたしも買いやすい株価になったら株主優待目当てで何度か買っては、利益がちょっと出たら売る、ということをしていました。株主優待券で航空券を予約すると、乗れなくなった時、変更が効くのです。格安航空券だと、一回キャンセルになって、買い直しになり、格安期間は過ぎてしまっていることが多いのです。仕事先や家族に急用ができて、予定を急に変えなくてはいけなくなるという状況を経験した時、これは株主優待券のために保有しておいていい!と思った銘柄です。

東京にいた時は、実家への帰省手段としてANAをよく利用していたので、サービス内容や、路線の状況など目にすることが多く、株主としてはふむふむという感じでした。わたしは、現物株を買おうと思う時、その会社が何を売っていて、その売っているものが自分でも買おうと思うかどうかを選定の基準にしています。

ANAの株主総会にも興味半分で行ったことがあります。お土産が有名な総会でした。一時期、オリジナルアイテムが「革製品」という期間があって、今手元に残っているのは当時のペンケースのみです。扇子は、革製品が終了してからのものだったと思います。総会の会場は、六本木のANAのホテルでした。美味しいホテルの生ジュースをエントランスでいただいたのを覚えています。

ANAのオリジナルアイテム

この扇子は、発掘記念としてふだん使いにしましょう。何もかも断捨離はできない。

すっかり縁のなくなった「マイレージ」は、エールフランス航空のものです。一時、エールフランスことエアフラは、最後に乗った時から締め切りが延びるという、貯めやすいマイルでした。それでも、エコノミー利用だとマイル数が少なくて、VISAカードの「陸利用分」がないと、数年に一度欧州に行く程度ではなんの特典も得られないユーザーでした。それでも、一度だけ、マイルを貯めて台湾に行くことができました。一度だけの特典旅行でした。エアフラでマイルを貯めている友達二人とわたしの三人で、それぞれが現地では別行動あり、という旅程。ホテルは、HPで探したお得なジュニアスイートの部屋にし、夕食は中華なので三人一緒にとり、それ以外は柔軟に過ごしました。朝食をホテルでとる人もいれば、町の屋台に出る人など、一人でも行動できる人たちと一緒に旅をすると、情報交換もでき楽しかったです。

コロナ禍で、海外旅行はしばし延期です。欧州では、アジア系への暴力事件など頻発しているようです。わからないものに対して、恐怖から、反発へつながることは多々あります。今は、マイクロツーリズムと呼ばれる近場旅行を、その地域にあるものを活用し、再発見できたらいいなと思います。

タイミング、時機ってあると思います。それは、相場もそうだし、生活もそうです。そのためには、変化を感じるアンテナの精度を上げる期間が、今なのかもしれません。

ここからの約一カ月は、オリンピックで移動してきた人たちが、帰国してから、日本が、日本以外の国がどういう流れになるのか。自分のアンテナを磨いて、注視することが必要になるのではないでしょうか?

そのためにも、よく寝て、よく食べて、ちゃんと考えることができるようにしたいです。
まずは、暑い時間帯は、どこかに避難、避暑とも言いますね、を励行します。
では、また明日!水分補給忘れずに!

コメント

タイトルとURLをコピーしました