マスクチャームという発想

手芸用はさみ お仕事

おはようございます。今日の秋田市予想最高気温32度、最低気温22度。晴れで降水確率10%。最高気温が30度台が続きます。水分補給、休憩の取り方要注意ですね。

昨日初めて「マスクチャーム」を手にしました。「マスクチャーム」ご存じですか?コロナ禍の中、新しい生活形態が求められています。使い捨てマスクを箱ごと一年中常備する、なんて、それ以前のわたしの生活では予想もつかなかったことです。一日の大半、マスクをかけて過ごしているわけです。そうなると、今までと違うどういうことが起きるか。

お化粧を部分的にするようになりました。マスクで隠れる部分は、BBクリームのみ。マスクで隠れない部分に向かってグラデーションでファンデーションを塗り、パウダーで固定。マスクに着色してしまうのを最小限にしたいのです。マスクをして、眼鏡をかけ、帽子を深めに被ったら誰だか一瞬で分からないのに、向こうから誰かが会釈している!なんてこと、ここ一年強であった驚きの出来事も。そうですよね。顔だけで人を認識するわけではないんですから。

わたしというリアルなアイコンを、マスクが大半を占めている!そんな中で知った「マスクチャーム」は、「マスク+わたし」にしてくれるアイテムのように思えました。

淡水パールのマスクチャーム

わたしが入手したのは、淡水パールのマスクチャームです。デパートに定期的に催事として訪れている友人のパール屋さんが昨年から置き始めた商品です。着用画像は、自撮りで恐縮ですが、こんな感じです。

ブラックに着色した淡水パールのマスクチャーム

マスクをしていると、ピアスが邪魔になります。なので、しばらくピアスはしていませんでした。このチャームは、マスクのヒモにセットします。位置を調整すれば、イヤリングしているように見えます。さすがに両方には付けませんが、白と黒に着色した淡水パールの二点分けていただきました。

雑貨・アクセサリーを手作りすることが好きな方は、「ハンドメイド」で「メルカリ」などに出品してみたらいいのではないですか?携帯電話のチャームと同じ作りだと思います。Amazonや楽天市場にも1,000円以下から出ています。一点入手して、作りを確認したり、デザインを参考に自分で手作りしてみてはいかがですか?おうち時間の過ごし方に向いていると思います。アレンジもいろいろできそうな気がします。

わたしは、ストックしているビーズやボタンなどそこそこあるのですが、時間が作れずにいます。昨年は、手作りマスクにはまったのですが、一気に三枚作ったら息切れしました。情けなし!コンスタントに製作に向かう時間が作れないなら、手を出さないという選択に今は至っています。大事なのは、時間と気力ですね。どちらもキープできないのなら、「わたしだってできる」と「できる」ことへの欲は封印。かなりそこへの欲は、強いのですが。

とはいえ、もうねえ、シニアなもんで、時間が有限だということ、集中できる時間が年々減ってきていることを日々感じています。優先順位をつけることが肝心。もしかしたら、ぽっかり時間が空くことがあるかもしれません。その時の「手仕事」枠に入れておくことにします。編み物もしたい。お気に入りだった洋服をばらして、アイロンかけてリユース用のストックを作っておきたい。パジャマの袖やズボンの裾を縫ってしまえばエコバックができそう、などなどやれそうなことが次々思い浮かんできます。

一日は、24時間。わたしは充分睡眠時間を確保できないと、すべてのパフォーマンスが落ちてしまいます。受注で頼まれている定期的な納期のお仕事もあります。老々介護ではありませんが、高齢の母親との時間も大事です。一日でできないことは、一週間で調整し、それでも大がかりになりそうなことは、一カ月で、シーズンごとに変えていく生活用品、来年は冷蔵庫を買い替えたい、など、時間を区切って生活の見直しを、パート仕事を辞めた今だからとりかかりたいと思います。

なのに、途中で割り込んでくるアレコレ。これもまた楽しい時間ではあります。
ゆとりをもち、柔軟に、でも結果を出すこと、これが今後の目標です。

では、また明日!マスクチャーム、誰か作ってみせてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました